読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロ人生(中学・高校編)

青春はボカロ。

この趣味を親に隠して過ごした日々。

別に誰かに聞いて欲しいわけではないけど、書いておかないと色あせてしまうとうか、忘れてしまいそうで怖かったので書くことにした。

 

 

 

《Level 1》〜ボカロとの出会い〜
中学3年生の夏だったか冬だったか、私は友人にある動画を勧めらる。
「面白いから見てみ」
私はyoutubeに転載されていた、『クプラ』氏の歌ってみた動画を見る。
【一触即発☆禅ガール】(ボカロ曲)
【カゲロウデイズ】(ボカロ曲)
ギガンティックOTN】(ボカロ曲)
当時これらの曲がボカロ曲であることは全く知らず、無断転載であることも知らず、ただ面白い歌としてyoutubeでそれらを聴き続けていた。

 

 

 

《Level 2》〜ネタ系歌い手〜
それから一ヶ月も経たないうちに、私はネタ系歌い手のyoutube転載動画を毎日あさるようになっていた。
【あるふぁきゅん】
【ふに(妹)】
【アンダーバー】
【ぐるたみん】
【詩人】
ここまで来ると、さすがにこれらの原曲がボカロ曲であることに気づく。
しかし、当時の私はボーカロイドをいわゆる「機械音」として苦手に、いや嫌っていた。

 

 

 

《Level 3》〜人気歌い手〜
そして、私の視聴範囲は『ネタい手』から『人気歌い手』へと広がっていく。
ここまでで一ヶ月くらいだと思う。
【ヲタみん】
【そらる】
【天月】
【黒猫】

 しばらく後に、転載云々やニコニコ動画という存在を知ります。

 

 

 

《Level 4》〜高音系歌い手〜
半年ほど経ち、加工系の歌い手にも慣れて普通に聴けるように。
高音系の歌い手はむしろ大好きになった。
【灯油】
【コゲ犬】
【まふまふ】
【赤ティン】

 合唱動画や、演奏してみた、踊ってみた系の動画もここらでよく見るようになった。

 このあたりでニコ動を使い始めたような。

 

 

 

 

《Level 5》〜ボカロ曲〜
歌い手の加工に慣れてやっとボカロ曲、つまりは歌ってみたの原曲に手を出すわけである。
【カゲロウデイズ】
【透明アンサー】
【曖昧劣情Lover】
【エンヴィキャットウォーク】

 カゲプロ、kemu voxx、Neru、ミカグラ、○○ガール、ハニワ…

これらが流行りだったような。

 

 

 

《Level 6》〜懐かしのボカロ〜
ここまで全て最近の歌い手や、最近のボカロ曲ばかり。
しかし、探せばボカロ曲は大量に、歌い手もたくさん存在する。
ということで、私がボカロに目覚めるより前のものとか広範囲に探し始める。
【Gero】(歌い手)
【よっぺい】(歌い手)
【ゴム】(歌い手)
【カンタレラ】(ボカロ曲)

【ショットガン・ラヴァーズ】(ボカロ曲)

【歌に形はないけれど】(ボカロ曲)

こりゃ懐かしさ関係ないね。

 

 

 

《Level 7》〜底辺歌い手〜
ここまで来ると、有名な歌い手より再生数4桁以下の歌ってみた動画の投稿主の歌い手を応援したくなって来る。

あのクプラ氏の動画との出会いから1年が過ぎようとしていた頃かな。

【夏希】(歌い手)

【ういにゃす】(歌い手)

【NOVA】(歌い手)

あと、この頃にnicoboxを使い始めた。

 

 

 

《Level 8》〜低知名度ボカロP〜

歌い手の次はボカロ曲までも、やはり低再生数のものをよく聞くようになる。

クプラ氏より1年半くらい経った頃だろうか。

【神楽P】(ボカロP)

【ウオアP】(ボカロP)

【サタナ】(ボカロP)

 【ASHEE】(ボカロP)

家にいる時は食事や入浴以外は常にボカロを聴く日々。

 

 

 

《Level 9》〜超高音歌い手〜

 普通の歌ってみた動画に飽きて来た頃、思い切り笑わせに来るネタ系とは少し違う、ひねった感じやすごいと驚く感じの歌ってみたにハマる。

 

『超高音系』の歌ってみた動画。

【マゴツ】(歌い手)

【みゐや】(歌い手)

【トコノコα】(歌い手)

【鯱】(歌い手)

あと、かずにゃん。

 

『デスボ系』のボカロ曲や歌ってみた動画。

【Ghost Under The Umbrella】(ボカロ曲)

【馬鹿はアノマリーに憧れる】(ボカロ曲)

【テーハミント】(ボカロ曲)

【ぱらぼら】(歌い手)

私もグロウルは出せるように。

スクリームは恥ずかしくて出来ない。

ガテラルは死にそう。

 

 

《Level 10》〜カラオケ〜

ここはあまりレベルが関係しないが、Level 5 のあたりからカラオケに通うようになる。

その時の実力はDAM精密採点で60点(音痴)。

音域も地声で1オクターブ(C3〜C4)、裏声は出ない。

カラオケに通うこと1年、音痴のまま音域は1.5オクターブ(B2〜F4)。

裏声も2,3音(F4,G4,A4?)出るように。

カラオケに通うことさらに1年。

変わらず音痴だが精密採点で80点台に。

地声で2オクターブ(G2〜A4)、裏声で0.5オクターブ(A4〜D5)出るまでに成長。

ボカロ曲は大抵歌えるように。

そして、ボカロの持ち歌数は300を超えていた。

 

 

 

以上が中学3年と高校1〜3年のボカロ人生で私が得たもの。

書かなかったが、高校3年の途中に転機があり、作り手に挑戦することになる。